• RETISSAチーム

体験者インタビュー第1回「普通に見える驚き!」※English follows 

Updated: Jan 22

 RETISSAシリーズ(民生機器)(以下RETISSAと略す)の網膜投影技術をご体験いただいた方に、その感想を伺うインタビューシリーズ。その記念すべき第1回をお送りいたします!

ご協力いただいた方

お名前:石井様(59歳)

ご職業:ソフトウェア会社経営

眼の状態:右眼網膜剥離手術、無水晶体。




ご体験いただいた製品:RETISSA Display II





―よろしくお願いいたします。まず、ご経歴を教えて下さい。

 1960年生まれで、還暦を迎えます。理工系大学を卒業後、工作機械メーカーでソフトウェア開発に従事しました。2000年ごろには米国のソフトウェア開発拠点に出向し、インドでのオフショア開発などを担当してきています。その後、2010年に米国でソフトウェアの会社を設立しました。CAD/CAM、ロボット制御などのソリューションを提供しています。昨今、テレワークが話題になっていますが、インド、アメリカ、日本をつないである意味のテレワークをやってきた経験を活かし、最近ではテレワークを活用した新しいモノづくりを探索中です。

―ご自身の眼や見え方について教えていただけますか?

 一昨年、右眼が網膜剥離になりました。当時忙しかったことや、放っておいても治るのではないかという思いもあり、少し遅れもあったのですが、よい先生に巡り合い手術で治療しました。その手術の際、水晶体やその周りを摘出しています。白内障で使うような人工水晶体は入れられず、無水晶体の状態です。

 見えることは見えるのですが、水というか油のような液体の中にいるような感じで見えています。幸い、視力自体は0.2~0.3ぐらい出ているようです。それなりに視力が出ているので無水晶体のままでいます。

―普段の生活はどのような感じですか?不便に感じていることはありますか?

 普段は眼鏡をしています。もともと不同視(注:左右の視力差が強いこと)で右眼は視力が悪く、あまり使っていなかった状況です。そのこともあり、結構慣れてきているような気がします。強い遠視用の眼鏡を使えば右眼もはっきり見えないこともないのですが、左眼とあわなくなるためそこまで矯正していません。コンタクトレンズもあるらしいと聞いていますが、まだ試していません。若いころにコンタクトレンズを着けたことはありますが、どうも面倒な気がして…。

 普段の生活で不便に思うことはあります。パソコンのモニターを見るときなどは片目でもなんとかなります。しかし、歩いているときや家事をする際に不便です。例えば洗濯物を干している時に竿に頭をぶつけることがあります。また、ビールを注ぐときにグラスの外についでしまうことも…。やはり、どうしても遠近感がとりにくいようです。

―目の疲れを感じることはありますか?

 あります。年によるせいもあるかもしれませんが、以前よりも作業量がこなせなくなったと実感しています。集中力が続かない感じですね。

 特に大変なのは左右の見え方の一致(融像)がしにくいことです。かなりずれて重なってしまいます。

―当社の技術を知ったきっかけをお知らせください。

 仕事柄、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)にはずっと興味を持っていました。私の手掛ける分野において、VR/AR/MRの活用はキーとなるためです。QDレーザのHMDのことも展示会などを通じて知っていましたが、なかなか体験する機会がありませんでした。

 手術を受けた際に水晶体を摘出したわけですが、網膜に直接投影するのなら見えるかもしれないと思って、いよいよ体験してみることにしたのです。

―実際にRETISSA Displayを体験してみて、いかがでしたか?

 さっとつけただけで「普通に」動画が見えました。(見えにくい状態に慣れてしまっていたので)この「普通」がむしろ驚きでした。若干歪んでいるところはあったのかもしれませんが、自分の網膜が意外ときちんと機能していることがわかりました。

 いくつか市販されているHMDを試したこともありましたが、重かったり使いづらかったり。体験したものは見えやすかったし、いろいろな情報を見るためにも使ってみたいと思っています。

―どのような使い方に期待していますか?

 単なるディスプレイであるというところが、かえって使いやすいかもしれませんね。海外の大手企業なども力を入れているようですが、それぞれのプラットフォームとなります。CAD/CAMの世界はWindowsベースなので、そこと簡単に連携できるようだとよいですね。

 昨今の状況もあって、HMDを活用するソリューションにはお客様からも興味が強いです。今後加速していくのではないかと思っています。

 また、デジタルカメラと組み合わせるとそのまま「見える」かもという期待もありますね。拡大、縮小したり、投影位置をうまく合わせられたりするといいかもしれません。カメラ内蔵モデルはすでに開発されているそうですね(注:医療機器モデル RETISSAメディカルのこと)。

―逆に、ここは改善を期待しているという部分はありますか?

 瞳孔を通して光が入っていくようですが、目が動いてしまうと見えなくなってしまうのは少し不利かもしれません。運転者の目線を検知して眠気を知るなどという取り組みもあるようですが、そんな技術(アイトラッキング)と組み合わせられるといいですね。

―本日はインタビューへのご協力ありがとうございました。

 ありがとうございました。

*このインタビューは2020年5月18日にオンラインで行いました。

*個人の感想です。見え方には個人差があります。

*RETISSA Displayシリーズは医療機器ではありません。特定の疾患の治療や補助、視力補正を意図するものではありません。

*網膜投影技術の詳しい仕組みはこちら


第2回はこちら




RETISSA User Experience no. 1: “I’m surprised to see normally!”

Welcome to an interview series with individuals who actually tried using the RETISSA device. This is a moment worth commemorating - we bring you the very first edition!

Featured User

Name: Mr. Ishii (59 years old)

Occupation: Owner of Software Company

Eye condition: Retinal detachment surgery in right eye – no lens.

- It’s nice to meet you. Can you tell us a little bit about your career?

I was born in 1960 and am nearing my 60th birthday. After graduating from a science & technology university, I got a job developing software for a machine tool maker. Around 2000, I was transferred to the U.S. to work at the software development headquarters, and also ended up managing off-shore development in India, etc. Later on in 2010 I founded a software company in the U.S. We provide solutions for CAD/CAM, robot control, etc. Recently, telework has become quite the theme, so using my experience tele-working, in a sense, to connect India, the U.S. and Japan, I have been searching lately for new telework-driven manufacturing.

- Can you tell us about your eyes and your vision?

The year before last, the retina of my right eye detached. At the time I was very busy and also thought that it might get better if I left it alone, so there was some delay, but I did meet with a good ophthalmologist who performed surgery on me. During the surgery, the lens of my eye and the area around it were extracted. A new artificial lens like the kind used for cataracts was not placed in my eye; in fact there is no lens at this time.

I can still see things, but it looks like I’m looking at everything through some kind of liquid like water or oil. Luckily, my vision is about 20/100 – 20/70. Since I still do have a considerable amount of vision, I do not need an artificial lens in my right eye.

- Normally how do you go through a regular day? Is there anything you find to be inconvenient?

I normally wear glasses. Originally I had anisometropia (note: when two eyes have unequal refractive power), and the vision in my right eye was poor, so I didn’t use it very much. As a result, I think I’ve become quite used to putting up with that. If I use glasses that are prescribed for acute farsightedness, I can see quite clearly through my right eye, but my left eye then goes out of focus, so I don’t have them corrected to that degree. I hear that there’s a contact lens for this, but I haven’t tried it yet. I wore contact lenses when I was young, but they always seemed like too much trouble…

In my daily life, there are things that are inconvenient. When I look at the monitor of a PC, somehow I get by just using one eye. However, when I’m walking or doing housework, I have difficulties. For example, when hanging up my clothes to dry, I often bump my head on the drying rod. Also, when I pour beer into a glass, sometimes it spills outside the glass… After all, it seems that it’s difficult to get a sense of perspective.

- Do your eyes ever feel tired?

They do. Some of it may be due to my age, but I also feel that I can no longer handle the amount of work that I used to. I cannot concentrate for as long.

It’s incredibly difficult to match the left and right vision (binocular fusion).Things considerably misalign and overlap.

- How did you learn about our technology?

Because of my work, I have always been interested in the head-mounted displays (HMD). In the fields I work in, utilizing VR/AR/MR has become key. I saw QD Laser’s HMD at an exhibition, but didn’t quite have the opportunity to try it.

When I underwent surgery, my lens was indeed extracted, but I knew that I might be able to see through direct projection to my retina, so finally I decided to try it out.

- How was your experience actually using the RETISSA device?

Just putting on the device, I could normally see a video. (I had gotten used to not seeing it very well so) seeing normallywas a surprise. Though there may have been some slight distortion, I found that my retina was functioning more appropriately than expected.

I have tried several HMDs on the market, but they were bulky or hard to use. The RETISSA was easy to see through, and I am thinking I would like to try using it to see a variety of information.

- What are you hoping to use it for?

The simple fact that it’s a display actually makes it really easy to use. Many overseas corporations are also working on technology like this and this device would be able to become part of their platform. The CAD/CAM world is based on Windows, so it would be good if it could easily interoperate with this.

Due to the current situation, customers have had strong interest for solutions using HMD. From here on out, I think that interest will grow.

Also, if it were combined with a digital camera, I’m hoping that I could also “see” then. It might be nice to be able to zoom-in, zoom-out and align the imaging position just right. I hear that there is a model with a camera inside the frame that is already in development (note: he is referring to the medical device model, RETISSA Medical).

- On the other hand, are you hoping that any particular part of it is improved?

It seems that the light travels through your pupil, but it may be slightly disadvantageous that when my eyes move, sometimes I am unable to see. There are technologies that can detect a driver’s line of sight and tell when they are drowsy, etc. It would be great if you could combine this technology (eye tracking) into the device.

- Thank you for your cooperation with this interview.

Thank you.

Ø This interview took place on-line on May 18th.

Ø These are the impressions of the individual. There may be individual differences in vision.

Ø The RETISSA Display series is not a medical device. It is not intended for use to improve one’s vision or treat a particular condition.

Find user experience no. 2 here.

RETISSA User Experience

867 views0 comments
QD_LASER_logo_B+s.png

Contact

retissa@qdlaser.com

[EOF]

    ©2020 by QD Laser, Inc.